筋肉量の低下と体への影響/10代でも注意が必要かもしれない


筋肉量の低下と体への影響
筋肉量が減少すると基礎代謝量も低下するため、燃焼されずに残った糖質や脂肪が体内に蓄積されやすくなり、肥満や生活習慣病のリスクが高まります。また、「ストーブ」としての機能が弱まるため、寒さにも弱くなります。男性に比べて筋肉量の少ない女性が、冷え性になりやすいのはこのためです。筋肉量の減少がもたらす影響を理解するために、さらに掘り下げてみましょう。

筋肉量と身体への影響とは?
筋肉量とは、体の中に存在する除脂肪組織の量のことです。筋肉はほとんどすべての身体機能に関与しており、加齢に伴う健康維持や運動能力の向上に不可欠なものです。代謝、ホルモンバランス、骨の健康、エネルギーレベル、関節の快適さ、グルコースと脂肪の貯蔵に影響を与えます。また、バランス感覚、階段の昇り降り、椅子からの立ち上がりにも影響します。つまり、筋肉量は私たちの健康全般にとって非常に重要な要素なのです。

筋肉が落ちるとどうなる?
年齢を重ねるにつれ、私たちの体は自然に筋肉量を失い始めます。これは、筋肉を構築し維持する私たちの体の能力が低下するためです。筋肉量が減ると基礎代謝量も減るため、燃え残った糖分や脂肪が体内に蓄積されやすくなり、肥満や生活習慣病のリスクが高まります。また、「ストーブ」としての機能が弱まるため、寒さにも弱くなります。男性に比べて筋肉量の少ない女性が、冷え性になりやすいのはこのためです。

筋肉量を増やしたり維持したりするには?
加齢による筋肉量の減少を食い止めるには、筋肉を鍛えて蓄えることが大切です。筋肉を増やし、維持するためには、筋力トレーニングがカギとなります。筋トレを始めるのに遅すぎるということはありません。筋トレをすれば何歳でも筋肉を増やすことができます。ただし、筋トレを続けるには精神的なエネルギーが必要なので、できるだけ若いうちに始めた方が継続しやすいと思います。

また、筋トレと健康的な食生活を両立させることも必要です。筋肉をつけ、維持するためには、タンパク質、健康な脂肪、ビタミン、ミネラルをたっぷり含んだバランスのよい食事をすることが不可欠です。加工されていない丸ごとの食品を食べるのが一番です。また、水分補給も大切です。水をたくさん飲むと、筋肉に水分が行き渡り、丈夫で健康的な筋肉を維持することができます。

まとめ
結論として、筋肉量は私たちの健康全般と長寿に欠かせない要素です。年齢とともに筋肉量が減少すると、生活習慣病などの健康被害のリスクが高まります。筋肉量を維持するためには、筋力トレーニングや健康的な食事で筋肉を鍛え、蓄えることが大切です。そうすることで、健康やウェルビーイングを向上させることができます

幸健生彩を最安値で買う方法はこちら